クリーニングした衣服の保管方法での注意

クリーニングした衣服の保管方法での注意 クリーニングは自宅で洗うことができない衣服や少し高い衣服などを洗うことができるため利用する方も多いのではないのでしょうか。
みなさんはクリーニングに出した衣服をどこにどのように保管していますか。クローゼットの中にそのまま保管するという方も多いのではないでしょうか。そのような保管をしていらっしゃった方は注意です。
クローゼットの中は、意外に湿気がこもりやすい場所ということをご存知でしたか?また、何年もそのまま衣服を入れておくと、ダニに衣服をかまれてしまうということもあります。
せっかくお気に入りの衣服が翌年出してみたら、ダニに噛まれてしまっていたという話をよく聞きます。今日から、クリーニングした衣服の保管方法を見直しましょう。
まずは、衣服をそのままクローゼットの中に入れるのではなく、防虫剤などと一緒に入れるようにしましょう。次の季節に使う衣服もあると思いますので、すぐにその衣服を使わないという場合は、防虫剤などと一緒に入れておくということをおすすめします。
また、クローゼットを閉めっぱなしにするのではなく、時々開けて換気をするようにしましょう。
そのようにすることで、クローゼット内に湿気がこもるのを防いでくれます。

長期保管に送料無料の店舗もある便利なクリーニング

こたつの掛布団や冬物のコートなど季節性のアイテムは、綺麗に洗った後に家庭で保管しておくのは大変で、特に収納スペースがあまりない場合、困ってしまうときがあるのではないでしょうか。
クリーニング店では便利なサービスを行っていて、普段は使わないアイテムを保管してくれるところがあります。
クリーニング店に申し込みを行うと専用キットのバッグやボックスが送られてくるので、その中に洗ってほしいものを詰め込み、用紙やシールなどに気になる汚れの個所などを書き込み添付して返送します。
店に到着した後は綺麗にクリーニングされ、大切に保管されます。
指定した時に返送してくれたり、電話を入れることで再び宅配便で送り返してくれます。
クリーニング店ごとに預かってくれる期間に違いがあるため確認が必要で、送料も集荷と配達両方を無料にしてくれるところもあれば、荷物の量に応じて金額が指定されている場合もあります。
ブーツや靴は、取り扱いを行っていない店舗も多いので先に確認が必要です。
保管庫は温度や湿度が24時間管理され、警備システムなども導入されていますから安心して預けることができます。
布団は圧縮されることが多いため、返送されて来たら天日干しを1日行うとふっくらとさせることができます。

おすすめクリーニング関連リンク

手軽にご利用できるふとんクリーニングサービスのサイト

布団クリーニング